著作権保護と重複排除

著作権保護と重複排除

ACRCloudの高度な音声フィンガープリント技術によって、ウェブサイトの管理者は、著作権の問題があるコンテンツの特定・遮断や、重複するコンテンツの削除といった作業を、バックエンドから容易に行えます。ユーザーが作成した映像や音声を配信するウェブサイトなどの管理者は、認証されていないコンテンツを検閲・遮断しなければなりません。また、収益化に関するトラッキング・報告のために、コンテンツを追跡・管理する必要もありますが、こういった場合にも、このソリューションが有効です。監視プロセスを効果的に自動化することで、人件費を抑えつつもリアルタイムに近い対応を実現します。

6

特徴

  • 不要な重複コンテンツを正確かつ効果的に特定
  • ブロック、トラッキング、収益化のため、著作権のあるコンテンツを特定
  • ユーザー作成コンテンツを既存のメタデータと対応させるクラウドサービス
  • Python、Java SDK対応

利用分野

  • 削除、検閲、トラッキングのための、バックエンドでのコンテンツの特定
  • コンテンツの重複排除
  • コンテンツのカテゴリー化
  • コンテンツの収益化に関するトラッキング

利用業界

  • 動画配信
  • 音楽

実用

letv_logo

中国を代表する動画配信サイトのLeTVは、ユーザーがアップロードした重複動画を削除するため、LeTVのクラウドにACRCloudのデータ重複排除ソリューションを導入しています。容量確保やデータ管理にかかる費用を削減するのに、ACRCloudのデータ重複排除ソリューションが役立っています。